ヤフオクは古物商許可が要る?

ヤフオクは古物商許可が要る?

ヤフオクは古物商許可が要る? 自前で店舗を構えずにヤフオクを使って物を売る場合でも、その対象が古物に該当するものであれば古物商の許可が必要になります。
転売する目的で古物を仕入れて販売する際に取らなければならない許可であるため、どのような形態で行うかは関係ありません。
違反しても発覚しにくいですが、大量の商品を販売するのであれば古物商の許可を取って商品の説明に記載をしておいた方が安全です。
不特定多数の人が利用するため、大量の商品を転売していれば違反している疑いがあると通報される恐れがあります。
古物は自分が使うために購入し、使用しなかったので売却するのであれば対象外になるため、発覚しても問題ないとする意見があります。
しかし、定期的に商品の転売を行い、その数が多ければそのような言い訳が通用するとは限りません。
他の出品者が無許可でやってるからと安心して真似するのではなく、違反して摘発されないように自分は法令を守ってヤフオクを利用しましょう。

古物商を始めるためのノウハウ

古物商を始めるためのノウハウ ネットオークションは誰でも気軽に商品を売買することができますが、ビジネスとして売買するということになると話はまた別です。
たとえば古着屋を営むには許可が必要で、飲食店を営む人に食品営業許可が、不動産取引業を営む人に宅地建物取引業免許が必要なように営業許可が必要になります。
一度使用された物品や新品でも使用のために取引された物品は全て古物になり、古物商としてリサイクル品を扱うお店を開業する場合、古物商の許可を得なければなりません。

気になるのが古物商を始めるに当たっての必要なノウハウですが、都道府県公安委員会の許可を得ることで古物営業を営むことが可能です。
資格ではないので資格試験のようなものはなく、特別な試験勉強などは必要ありません。
登録の手続きは地域を管轄する警察署が行っていて、必要書類を提出すれば1週間から2週間くらいで警察署から連絡がきます。
古物商許可を申請する際には19000円の高い手数料が必要になりますが、一度許可を取ってしまえばお店を続ける限り長く使えるので、その辺は割り切るしかないでしょう。