古物商許可の仕組みとは

まずは無料サイトで「古物商」について相談しよう!

無料サイトで「古物商」について相談 古物の売買に関しては法律上で厳密な取り決めがあり、古物商の資格を有していないと取り扱うことが許されません。フリーマーケットやオークションなど、無資格でも売買が可能となるケースがありますが、古物営業法に規定されている古物を取り扱う場合は資格が必要です。
そして古物営業法に定められている古物売買だけではなく、レンタルやリースなどに関しても古物商の資格を有していないと扱えません。自宅に眠っている品をリサイクルで引き取ってもらおうと考えている際に、時として専門業者に依頼しなければ行けない場合が出てきます。
どういった品が古物商の管轄なのか、何を取り扱えるのか、簡単に知りたい時はまずは業者ホームページ、専門に説明している無料サイトを活用するのがおすすめです。相談を受け付けているサイトも多いので疑問点について尋ねてみるのもいいかもしれません。今パソコンだけではなく、スマートフォンからでもアクセスできるので使い勝手がいいです。

古物商を知らずにネットオークションを始めるのは危険です…

古物商を知らずにネットオークションを始めるのは危険です… 近年ネット上には様々なオークションサイトが開かれています。不用品を処分するために利用する方や、オークションサイトで取引する事自体に楽しみを見出すなど、利用する理由は様々です。
ですがネットオークションを利用していたら知らない内に古物商とみなされ、最悪逮捕されてしまう、という可能性もあるので、注意が必要です。人が使ったり使うために購入した物を、利益目的で継続的に販売するには古物商許可証が必要になり、許可がないまま利益を得続けていると、無許可営業で罰則をうけることになります。
これはネットオークションも例外ではなく、オークションサイトに何度も出品していると、個人であっても業者とみなされる事があります。本人にとっては利益目的でなくても、客観的に見て利益目的に見えるかが問題です。個人間の取引とそれに付随する会話が楽しいからとオークションサイトで売買を続けて利益を得ていると、知らない内に古物営業法に触れてしまい、何らかの罰則を受けることになりかねません。
ネットオークションを継続して利用するつもりなら、予め小物商についても調べて置く必要があります。