個人が取得するメリットとは

個人が取得するメリットとは

個人が取得するメリットとは 現在はネットオークションが盛んなこともあり、専門家でない個人も中古物品を売買することが増えてきています。
個人が私物をオークションに出す程度であれば、面倒な手続きをしてまで資格を得るメリットはありませんが、もし副業程度であっても商売として行う程度に拡大を考えている場合は、古物商の資格を取っておいたほうが良いでしょう。

古物商の許可証を持っていれば、お客様がより安心して取引してもらえるようになるなどのメリットも出てきます。しかし、最大の利点は古物商でなければ参入できない古物市場で商品を仕入れられるようになることです。

古物市場には、たとえば倒産した会社の債務整理のために資産を売却したときの在庫など、大量の物品が安値で売却にかかるケースが多く、短期間で現金化する必要があることから、良質な古物(内容は新品であるケースも)が安く出品されるのです。
自分の持つ販売ルートで捌ける自信のある商品をここで入手できれば、通常では得られない高い利益率を確保することも可能になります。

現在は趣味程度でやっている中古品売買でも、コツがつかめてきており、今後扱う量を増やしてみようかと考えているなら、古物商の許可を取得する手続きについて早めに調べはじめておくのが良いでしょう。

個人で古物商を行うときは確定申告が必要になる

個人で古物商を行うときは確定申告が必要になる 個人で古物商を行う場合、一定以上の利益が出たときに確定申告して納税する必要があります。古物商の許可を取っただけで必ず行わなければならないものではなく、一般的な会社員が副業で行っている場合、給与収入が2000万円以下であれば20万円まで、収入のない専業主婦などであれば38万円までは省略できます。
申告の方法には白色と青色があり、後者の方は控除を受けられるメリットがありますが、事前に承認を受けていないと利用できません。これは事業で古物商を行っているかにかかってくるところなので、青色申告したい場合には、個人事業主として開業届けを出しておきます。小規模の副業で行っている場合、副収入で住民税が増えてしまい、勤務先に通知されると副業がバレる恐れがありますが、これは住民税を自分で納付するようにチェックをしておき、税務署に切り替えるように電話で念押ししておけば通知されないようにできます。
なお、医療費控除などを行う場合には、利益には関係なく確定申告が必要になるので注意しましょう。